歴史嫌いが歴史好きに

d0022404_11183341.jpg海洋国家であったヴェネチアは驚くことばかりです。当然ながら船が交通手段、船大工の技術で、石造りの寺院や城がなりたっています。 大きなしっかりした硬い木をラグーンにさして、石の建造物を支えています。
豪華客船も寄港できる深いところもありました。
トルチェッロは、ヴェネチアの人々が、フン族に追われて最終的に集まって都市国家を作り始めたところです。ここから誰もが建物を建てないだろうと思うようなラグーンに、船を作る技術を生かして、都市を広げていきました。
古い教会や、昔ながらのシーフードレストランもありました。住民は穏やかで親切です。
何度も危機に見舞われながら、その都度合理的な方法で再起しています。
海洋国家のリーダーの席を奪われてからは、印刷技術や芸術の国として今は維持されています。
[PR]
by ten1945 | 2016-12-03 11:19 |


<< 寝台特急は快適? 哀愁のヴェネチアからリモージュへ >>