セシル サヴヴディは

d0022404_12144521.jpg「絵を交換しましょう!」世界的に活躍するモーリスロワラン氏は気軽に私の絵と、可愛い雪の絵を交換してくれました。いつも海のそばに住み、私の子供たちとも会っています。
セシル サヴヴディの美術館は庭園美術館というだけあって、美しい美術館です。
「なぜ人は絵を描くか?」の問いに素直に答えが見つかるモールスロワラン氏は、40代まで鋳物工でした。
ここリモージュでルノアールが陶器職人として腕を磨いたように、モーリスロワラン氏は鋳物の設計で腕を磨いたのでしょう。カンバスに引かれた線が、とても美しいです。
構図や発想は美術学校に行かなかった良さがあります。
広重や北斎に影響を受け、余白は無駄がありません。
俯瞰の角度から描くのは、日本の美に対する共感をとても感じます。
[PR]
by ten1945 | 2016-12-03 12:15 | 展覧会


<< すてきなアルパカ 寝台特急は快適? >>