人気ブログランキング |

雪降るシチリア

ローマから一路ポンペイへ。突然襲った寒気団で凍るような寒い石畳の町です。発掘中のエリアは、地下の世界がまのあたりです。一般家屋の下に、古代のモザイクの美しい貴族の石造りの館があります。
バスはナポリへ、夜の港に効果客船が停泊していました。わたしたちの船は中級クラス。それでも暖かいツインの船室で、ぐっすり眠りました。
早朝着いたパレルモは、一面の銀世界。シチリアっ子もビックリです。
アグリジェンドへ向かうバスは、雪をかき分けるように進みます。上手な運電で、無事モザイクで飾られた素晴らしい館に到着しました。使用人の部屋さえモザイクの床で飾られていました。
シチリアは4泊です、タオルミーナの町では、とてもおいしい魚を食べることが出来ます。ホテルの前のエトナ山は真っ白な雪に覆われて、朝は特に美しいです。
アマルフィ―の可愛い魚屋さんを見ながら着いた「和紙博物館」は、小一時間で、古い機会を使った和紙作りを見学できます。水は山から流れる冷たく澄んだ川から使います。透かしの入った封筒と、押し花の和紙のハガキを買いました。
学芸員の方は、美濃で修業したそうです。
アルベルベッロは、雪が残りクリスマスのようです。昔役人に、屋根の瓦をとりはらって、住めないから家ではないと言って税金免除されたというエピソードの町です。観光地なのに住民は優しく穏やかでのんびりします。
雪降るシチリア_d0022404_10041708.jpg雪降るシチリア_d0022404_10084804.jpg雪降るシチリア_d0022404_10085346.jpg

# by ten1945 | 2019-03-01 14:21 |

ハロウィンのカボチャを捕まえよう!

ハロウィンのカボチャを捕まえよう!_d0022404_12401491.jpg
ハロウィンのカボチャを捕まえよう!_d0022404_12351230.jpg
学生時代にロールシャッハで心理を学んだ方もいらっしゃるかもしれません。
カボチャは断面が、ほぼ対称です。
今回はオレンジのラシャ紙を半分に折って、片方に好きな色をたっぷり出しました。
反対がわを思い切りよくかぶせて開けてみると、ビックリの楽しい形が出来ます。
カボチャにしたいG君は、絵具をさらに足して指で広げて、カボチャの形を捕まえました。中身の色もアクリルと指で描きました。
乾かしてから、オイルパステルで種や描きたいものを追加です。
ソフトパステルも使って仕上げました。
力強いダイナミックなカボチャが出来ました。
ラシャ紙を開けて、きれい!と思ったK君は、そのまますきな色をオイルパステルで
追加して、フレッシュな元気な絵に仕上げました。

# by ten1945 | 2018-10-03 15:40 | 生徒作品

夏野菜は素敵な緑が丘中学校

夏野菜は素敵な緑が丘中学校_d0022404_10313620.jpg
パルテルとアクリルを駆使して、Yちゃんは素敵な緑を見つけてくれました。
セロリ、ピーマン,キューリ、アボガド、レタスとゴーヤ、かごにいっぱい並びました。パルテルの柔らかい色と、アクリルのスピード感のある色が調和しています。
ポイントに緑を活かす大好きな色を塗るのがルールでした。
Yちゃんの好きな色は,元気なオレンジでした。

# by ten1945 | 2018-07-31 10:32 | 生徒作品

陶芸大好き

陶芸大好き_d0022404_10165211.jpg
縄文人みたいな土器が作りたい!との生徒の願いで、親しくさせて頂いている陶芸家から素焼素材の粘土を分けてもらいました。
早速、板に粘土を打ち付けて空気抜きです。ろくろは100円ショップの調味料回転台です。ヘラや粘土切その他は、とりあえずそろっています。たたらづくりや、ひもづくりなどを見せてから、好きなように作ってもらいました。
自由になる土は、大人も子供もむちゅうになります。
おもいおもいの作品が出来ました。
これから感想と素焼と、場合によっては本焼きをおねがいします。
仕上がりが楽しみです。

# by ten1945 | 2018-07-31 10:20 | 生徒作品

キプロスは

キプロスは_d0022404_12342335.jpgキプロスは_d0022404_14204306.jpgいくつもの島がある地中海で、3番目に広い島キプロスは、南北に分断されています。
飛行場は首都ニコシアから離れていました。
ヴィーナスが誕生したといわれる渚は、岩の周りから円形に細かい泡が次々に生まれて
ヴィーナス誕生?と思いました。
レストランでは、食べきれないくらいエビや魚やカニをとても美味しく料理して、提供してくれます。「飛行機に乗っても食べに来たい!」と言う人がいるくらい居心地の良い島です。ヨーロッパの人たちの高級リゾート地になっているのも理解できます。
ヴェネチアの遺跡は南側は、砦がありました。
北側のトルコ領のほうが、中世の建築は残っているようです。
旅人にとっては、理解できないグリーンベルトの境界線、いつも自由な鳥たちでした。

# by ten1945 | 2018-02-11 09:13 |