人気ブログランキング |

懐かしの三宅島

懐かしの三宅島_d0022404_11491745.jpg虹パレ海洋教室は30年以上前バードアイランド三宅島から始まりました。
船が朝5時に港に入る前から、にぎやかな小鳥のさえずりに起こされるような島でした。
常緑樹の島は一年中緑でおおわれています。アカコッコをはじめ 島特有の小鳥たちが住む美しい島でした。イルカの親子が安心して生息する御蔵島へも足をのばして、一泊しました。
火山の噴火は人の及ばないパワーで島を変えました。今回の旅の4年前に下見をしたときは、
ほこりだらけの道をダンプが走り、火山ガスの注意のためのサイレンが、流れる状況でした
木々もなくなり、殺風景な景色で、廃屋もありました。
今回は、虹パレの生徒たちと父母の方々18名で、神着地区のスナッパーを占領して2泊しました。
朝は早朝スケッチで始まります。
溶岩の色を熱心に絵具で重ね塗りする子供、孤独な灯台の雰囲気を表現する子供、漁船の硬い感じを太い線で描く子供、断崖懐かしの三宅島_d0022404_1561195.jpgに生える草花に関心をもって一生懸命描く子供、最初の印象をそのままかみに映す子供、半時間のあいだにとても素敵な絵を描きました。
夜は「スイカ割り」「花火」「きもだめし」です。言い伝えのある暗い森を海中電灯を頼りに行きます。
皆と行けば怖くない?
島にバスはありますが一日数本です。
移動手段がないので、レンタカー3台で移動です。
幸い運転の上手な保護者の協力を得て、アカコッコ館や長太郎池 ひょうたん山や鳥居が埋もれてしまった所、地層のむき出していて スコリアが蓄積したところなど回りました。
海の好きな子供たちは、ビーチコーミングの場所でも泳ぎたそうでした。
懐かしの三宅島_d0022404_151559.jpg今年はどこも海水温が低く、気持ちよすぎる冷たさでした。
以前よりだいぶ熱帯魚が少ない気がしました。
それでも子供たちは、回転宙返り飛込をしたり、親と手をつないで飛び込んだり楽しみました。
孫のルカ君のパパのビル君つまり義息子に、ゆたか君がなついて、楽しそうにまとわりついていました。
橘丸が出港する待合室で食べたスナッパー特製の「サバサンド」はことのほか美味しかったです。
# by ten1945 | 2017-08-09 11:58 |

おもしろい室内

おもしろい室内_d0022404_1532374.jpg
おもしろい室内_d0022404_15323926.jpg百合やガーベラやストックなど、いつも何かの華があるアトリエは、誰かが必ず描いてくれます。
5歳のゆずかちゃんは、描くのが大好きです。大胆な構成力を持っています。
絵具も上手に使います。おもわず踊りだしたくなるリズミカルな絵になりました。
5年生のかすみさんは、花の絵に時計を素敵に入れました。
配色もお洒落で、デザイナーが真似したくなるような世界です。
# by ten1945 | 2017-04-06 15:34 | 生徒作品

すてきなアルパカ

すてきなアルパカ_d0022404_152204.jpg
すてきなアルパカ_d0022404_15271581.jpgサンドメディウムとペンティングナイフで、アルパカを描きました。
ペルーからはるばる買ってきたモデルは、もこもこです。エキゾティックな飾りを付けたのも、目ざとく描いてくれました。
3年のさわちゃんは、もこもこを一生懸命あらわしました。
5年のさきちゃんは、余白がとても素敵です。いつもデザイン的な味を出します。
子どもたちの表現力は、何を描いても、大人は負けてしまいそうです。
# by ten1945 | 2017-04-06 15:26 | 生徒作品

セシル サヴヴディは

セシル サヴヴディは_d0022404_12144521.jpg「絵を交換しましょう!」世界的に活躍するモーリスロワラン氏は気軽に私の絵と、可愛い雪の絵を交換してくれました。いつも海のそばに住み、私の子供たちとも会っています。
セシル サヴヴディの美術館は庭園美術館というだけあって、美しい美術館です。
「なぜ人は絵を描くか?」の問いに素直に答えが見つかるモールスロワラン氏は、40代まで鋳物工でした。
ここリモージュでルノアールが陶器職人として腕を磨いたように、モーリスロワラン氏は鋳物の設計で腕を磨いたのでしょう。カンバスに引かれた線が、とても美しいです。
構図や発想は美術学校に行かなかった良さがあります。
広重や北斎に影響を受け、余白は無駄がありません。
俯瞰の角度から描くのは、日本の美に対する共感をとても感じます。
# by ten1945 | 2016-12-03 12:15 | 展覧会

寝台特急は快適?

寝台特急は快適?_d0022404_11381812.jpgヴェネチアの広いラグーンは、リド島など「ヴェネチア音楽祭」の舞台の島がありました。
古い教会で、ヴィヴァルディの弦楽四重奏の室内楽を聴きました。
ドイツのそれとは違い、カラフルで自由な演奏でした。夜遅く終わるので、夕食を食べそこない、近くのビザ屋さんで最後の2枚を買って、ホテルで食べて寝ました。
島めぐりの後は、夜7時台に出発する寝台特急でパリを目指します。
ちょうどウィンタータイムに切り替わっている時で、駅の時計は夏時間のままだったので、騙されそう?になりました。中華レストランで、チャーハンと焼きそばをゲットして乗り込みました。
親切な若いレディが二人、スーツケースを電車に乗せるのに手伝ってくれました。
気が付くとスーツケースの上に財布が乗っていました。寝台特急は快適?_d0022404_11411427.jpg「あれ!バックの中のはずだったのに?」見事中身のお札だけ抜かれていました。
余りの手際の良さに、怒る気もおきません。電車内の警備の人に届け出て一休みです。
分けてお金は入れてあったのと、観光後であまり入っていなかったのが、せめてもの幸いでした。
一等車は狙われるのは判っていたのですが、きれいな若い女性で油断しました。
車内は、個室でお湯もでるし、アメニディも揃っていました・朝食付きで、一面の朝もやに顔を出し始めた朝日が、輝いています。電車はフランス南部の家畜も戯れる田園地帯を、どんどん進みます。
# by ten1945 | 2016-12-03 11:44 |