不思議の県 和歌山

d0022404_1514284.jpg雄大な熊野の山の恵みにあずかる和歌山の海は、澄み切っていてどこでも泳ぎたくなる美しさです。
今回は、熊野水軍の拠点がある洞窟の近くのホテルに2泊しました。目の前が千畳敷で、三段壁とともに名所です。
一日目は、水軍の本拠地を深くエレベーターで下って見に行きました。
夜は白良浜の花火を見ながら、虹パレも
持参の花火で遊びました。
二日目は、江津良の海で「オクトバス」です。
d0022404_15155330.jpg酸素ボンベはインストラクターの仲村さんが背負ってくれます。ボンベからもう一tのチューブで息を吸いながら
水深3mまで潜ります。
浅い!と思っていましたが、あなどれません。「耳抜き」も必要になります。魚は手乗り状態で、縄張り意識からか
近寄ってきます。
おなかべこべこで、目先をかえてイタリアンレストランでランチです。午後は熊野の山から来た栄養の成果なのでしょうか、たった3時間弱で、どんどん大物が手釣りで釣れます。エネルギーランドの、トリック迷路などで汗を流して、ステーキ御膳から刺身御膳人変わった2日目もおなかいっぱい食べました。
d0022404_15345759.jpg夜はスイカ割り。水分補給なのか、楽しいのか、大きなスイカは完食です。
早朝スケッチは、3日目の出発が早かったので、一回出来ました。
3日目は、観光をしながら名古屋へ。イルカと遊びクジラをみて、那智の滝で涼んでマグロカレーを食べて、名古屋から新幹線で、夜8時過ぎに東京へ到着。
ホテルに連泊なので、十分アクティビティを楽しめました。
[PR]
# by ten1945 | 2016-08-03 15:25 |

駅前ギャラリーは大賑わい

d0022404_15151583.jpg意外に雨のほうが、たくさんの来場者になります。
このエリアは若い人が多いので、晴れるとおでかけ?多い日は130人を超えます。平均で100人強の来場者です。
懐かしい生徒も来てくれました。絵画に興味を持つ人口が多いのが分かります。
流石に銀座とは、来場者のタイプが少し違いますが、皆まじめに見てくれました。
「来場者は人数ではないのよ」と友人に言われましたが、銀座で一週間80人で成功と言われます。
大半は身近の方々です。それに飽きて、場末の駅前ギャラリーで開催しました。
大人の生徒は、楽しんでくれました。
どんどん人が来るときは写せなかったので、最後に大人の生徒のワンショットを撮りました。
[PR]
# by ten1945 | 2016-07-13 15:19 | 展覧会

初夏の富士山は

d0022404_203345.jpg南へ行くときは、富士山の上空を必ず通過します。
今日も清々しい富士山の上を飛びました。
連休で、南紀白浜行きはほぼ満席でしたが、一番後ろの席は空いていたので、ヤッターで座席から富士山を撮りました。
後ろの貨物室には、看板犬バロンが乗っています。私たちはマイレージで無料でしたが、バロン君は片道6000円を払いました。心配をよそに意外に楽しそうにしていました。
和歌山は秘境にふさわしいところでした。
[PR]
# by ten1945 | 2016-05-12 20:03 |

マスキングテープはステキ!

d0022404_13501410.jpg]入学前でもマスキングテープは大好きです。下地を好きに塗って、テープを張り、またお気に入りの色を
ローラーでダイナミックにぬります。
今日の課題は「レモン」でした。本物の大きなレモンを見て、指で好きに描いていきます。
描くのが大好きなゆずかちゃん、いつの間にか「レモン」が「ハート」になっていました。
どんどん、ドシドシ、フィンガーペインティングです。
お母さんが来るのも忘れて夢中で描いて、夢のように美しく楽しいハートの世界になりました。
[PR]
# by ten1945 | 2016-03-31 14:30 | 制作作業

春の訪れは

d0022404_1354832.jpg燃えるような「ぼけの花」が、虹パレの入り口を飾っています。
どこからか飛んできた水色の花が「ぼけの花」を引き立ててくれています。
あと半月で、バラのアーチも白い冠のようになります。
藤も野生ですが、美しく棚を飾ってくれます。
鳥たちが、大活躍して虫退治をしてくれるでしょう。
[PR]
# by ten1945 | 2016-03-31 14:16 | ことば

クイリングは楽しい!

d0022404_1751972.jpgカラー段ボールはさまざまな色があります。
好きな形を切り抜き、帯状のテープで箱をつくりました。
さきちゃんは、丁寧にクリリンペーパーでデコレーションを始めました。
途中ですが、かわいいのでバチリ!とさせてもらいました。
中には、がナッシュタイプのチョコレートを作って、トッピングをしていっぱい詰めました。
もらえるお父さんも嬉しそうでした。
[PR]
# by ten1945 | 2016-02-17 17:05 | 生徒作品

画用紙に描いた「タツノオトシゴ」や「ふなっしー」が泳ぎ踊りまくる!

d0022404_11552454.jpg
d0022404_1157178.jpg
d0022404_1213880.jpg

ありあわせのクレヨンで塗りつぶしたタツノオトシゴ君が、巨大画面で泳ぎます。
まんまる「ふなっしー」も原色に塗ると「ラテン」のキャラクターになって踊りまくります。
画用紙の絵は、立体になって登場します。後ろは可愛いすれ落ちそうな短パンです。
皆おもいおもいに動いているのに、ラテンのキャラは勝手に昼寝です。
「チームラボ」はお台場で開催されました。巨体な立体をぶつけるとどんどん色が変わるオブジェもありました。
壁面からおりてくる漢字の「桜」にふれると、暗い大きな部屋が一面桜吹雪になります・
とっても楽しい「体感アートスペース」でした。


暑い日だったので、お台場は赤潮でした。連れて行ったバロン{プードル)が飛び込んでしまいました。
体をあらってあげると、赤い水になりビックリでした。
ドッグカフェが数件あり、夕食はバロンも一緒でした。
[PR]
# by ten1945 | 2015-06-03 12:03 | 展覧会

さむくても元気!

d0022404_10171587.jpgd0022404_1015165.jpg
   さむいときこそ、美味しいりんごやパンを元気に描きましょう。最近アトリエ入会の想ちゃん、イラストレーターが真似したくなりそうなレイアウトの元気色のリンゴを描きました。
月曜クラスは女の子が主です。土曜日と日曜日は男の子たちもいるのでにぎやかです。
それでも美味しそうなパンを描くときは、一生懸命です。アクリルで下塗りしてからオイルパステルを使って、微妙なグラディエーションを捕まえました。
下塗りは思い思いの色なので、ずいぶん出来上がりガ違います。
造るのが大好きな男の子たちも、たまに「描く」の力を出してもらいます。
[PR]
# by ten1945 | 2015-03-06 10:23 | 生徒作品

いざ高知へ!

d0022404_21153578.jpg


ジャスト梅雨明けに成田を出発。LCCは思わぬアクシデントがあり、危うく飛行機へ乗れなくなりそうになりました。
今回は松山空港往復です。
割安にしてもらった「せとうちバス」は、2泊三日であれこれ注文にも気持ちよく対応してもらえました。
高知は、とても広くて西側か東側を回るので精一杯です。大阪から飛び入り参加した元生徒カップルも一緒です。男手の足りないグループでしたので、とても助かりました。
四万十川は清らかに雄大です。カヌーを漕ぐと水底で魚たちが遊んでいるのが見えます。
民宿にしとさは古い建物ですが、クーラーもついているし、食事は川えびをはじめ高知の田舎料理満載です。夕食後は「ダバダ火d0022404_21214221.jpg振り}という栗焼酎を、オーナー家族も交えてご馳走になりました。爽やかな味の焼酎なので「かわうその里」で早速購入しました。LCCの予約をそこの息子さんがアイパッドで入力してくれて大助かりでした。
沈下橋は四万十川に名物です。川えびも夜仕掛けて、早朝見に行くと全部に入っていて大漁でした。
トンボ自然公園では、創始者が自らレクチャーしてくださったので嬉しくてミーハーな私は、サインしてもらいました。旅の手帳に立派な字で「杉村 光俊」とあり、特別な手帳になりました。
足摺岬のシュノーケルは台風の影響で、透明度が低く、代わりに「貝堀り」で盛り上がりました。
足摺園の「皿鉢料理」わあわびもついて、ものすごく豪華です。
d0022404_21241825.jpg翌日は足摺から高知経由で松山空港です。
目玉の「海洋堂ホビー館」は交通規制があって、1時間に5分しか通行できない工事現場を、全くぴったりに通過、運の良さに運転手さんもびっくり!
海洋堂ホピー館では、2才の参加者の泰志君がフューギャーいっぱいに反応して「嬉し踊り」をして笑ってしまいました。
交通規制のおかげで、ホビー館は十分見学でき皆満足満足!でした。
須崎名物「鍋焼きラーメン」のランチのあと高知城などを回って松山空港へ。
夜9時過ぎ成田着。楽しかったたびに「7泊しようよ!」と言う生徒もいました。
[PR]
# by ten1945 | 2014-07-27 21:24 |

入賞者は

20人の生徒半数が入賞しました
[PR]
# by ten1945 | 2013-12-29 11:35 | 展覧会